mica
http://squirrel.blog3.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
恋 と ちょうちょ
2008-02-04 Mon 14:11


どこからともなく
甘い香りがしてくる二月


春を想いながら
お散歩していると
わたしの髪に
ほんのり春色のコトバがひらり


『ちょう』
二つ折りの恋文が、花の番地を捜している


偶然みつけた
そのコトバに
わたしはすぐに恋をして
作者を捜した

ジュール・ルナール
フランスの小説家、詩人
『にんじん』の作者として有名

わたしの好きなものへの探究心は深い

このコトバが載っている本は
『博物誌』(1896年)という動植物記

現在も新書の文庫が手に入るけれど
わたしは古い単行本を取り寄せることにした

a002_20080213141239.jpg

1950年代(右)と1960年代(左)の本 a005.jpg

a004.jpg

セピア色の紙にピエール・ボナールの愛しい挿絵
a003_20080213141254.jpg

1950年のほうは、旧仮名・旧字体ではんなりと

岸田今日子さんの父、岸田国士さんの翻訳がすばらしい

原文は
『Le Papillon』
Ce billet doux pile en deux cherche une adresse de fluer.

ついでに英訳では
『The Butterfly』
This exquisite little love letter, folded in two,
is looking for the address of a flower.

残念ながら原文は読めないけれど
日本語の響きが一番すき

他にも

『ろば』
おとなになったうさぎ

など彼の独特で簡潔な世界が広がる


結局、仕事が忙しい中
このコトバについて調べること3時間・・・

もし、わたしが
このあくなき探究心を別のことに向けていたら・・
たとえば、学校の勉強とかなら、よかったのかも?なんて


とりあえず、春の個展のテーマは

『恋 と ちょうちょ』

で決まり!?
a001_20080213141359.jpg

お部屋のすみの 宝物をいっぱい並べた場所


スポンサーサイト
別窓 | Books | top↑
きしょうてんてんてん・・・
2006-06-19 Mon 14:14
158131618_141.jpg


「絵本作家ワンダーランド」開催記念の
荒井良二さんのトークショーに行ってきました。

大好きな荒井良二さんの絵本は、
いつも傍らに置いて眺めているので
初めてご本人にお会いできるとあって
本当に楽しみにしていました。


「ぼくの絵本は起承転々・・・というかんじで
結論っていうのはなくて
読む人それぞれが想像してくれること
どれがあってるとか、まちがってるとかなくて
それぞれがいい」

「絵も自分のイメージで描けば、それはすべて素晴らしい。
動物のしっぽはどうなってる?
わからなかったら、想像でかけばいいじゃない。
ゾウはほんとに灰色?
たとえばゾウがピンクだったらとてもすてきだと思う」

「ドアを開けたら、イマジネーションの旅がはじまる」


とかおっしゃってたなぁ(うる覚えな記憶だけど)

なんだか荒井さんのお話はどれも共感できることばかりで
やっぱりとても好きだと想いました。

また、いつかどこかでお会いできるといいなぁ。
別窓 | Books | top↑
2006-05-19 Fri 13:32
137562143_47.jpg


大好きなイラストレーター網中いづるさんの本が届きました。
http://home.catv.ne.jp/ss/izuru/


『化粧する花』

木村衣有子/文
網中いづる/絵
大久保明子/デザイン


東京で行われた「本の仕立屋さん」という
展覧会のための作品だけあって
カバーも中表紙のデザインもとてもすてきで
網中さんの透明感のあるやさしい空気があふれています。



わたしは本の装丁を見るのがすきで
ブックカバーを外したときの表紙や中表紙が
かわいい本をみつけると、うれしくなります。


以前、古本屋さんでみつけた
薔薇十字社から出版された堀内誠一さん装丁の本は
幼い頃から見ていた絵本のイメージとはまったく違って
とても美しい本でした。
すぐに手の届くようなものではなかったので
いつかお金を貯めて買いに来ますから置いといてくださいねと
頼んであるのだけど、いついけるかなぁ・・


あ、この『化粧する花』の中に飴工場が出てくるんですけど
わたしの家のすぐそばには八橋工場があって
ときどきニッキのいい匂いがしてきます。

別窓 | Books | top↑
PHaT PHOTO
2005-11-04 Fri 03:50
紀伊国屋でやっとみつけたPHaT PHOTO 11-12月号。
どこの店でも品切れだったのは
5周年記念でピンホールカメラのおまけがついてたからかな?
載ってました!キャンドルナイトフォトコンテスト受賞作品。
長島有里枝さんのコメント、うれしかった。
51084261_169.jpg


別窓 | Books | top↑
掲載誌いろいろ
2005-09-28 Wed 21:26
これからいろいろ発売になるので
よかったら見てくださいね。

●Hanako west 11月号(9月28日発売)
「京都特集 パリを感じる雑貨店」にスクワールが載ります。

●くりくり別冊 カフェのようにくらすものづくりレシピ(9月30日発売)
カシュカシュクークーのサーカスモビールが載ります。

●maria 11月号(10月15日発売)
トイトイトイ!が載ります。

●PHaT PHOTO 11月号(10月20日発売)
キャンドルナイトフォトコンテスト受賞作品が載ります。

↑これは、今年夏至(6月)の100万人のキャンドルナイトの
フォトコンテストにこっそり写真を応募したんですけど
なんと受賞してしまいました!!!
カメラマンになろうかな(←おバカ)

この写真です。
candle2.jpg



******

このたびは、「fotologue.jp」「PHaT PHOTO」協賛の
キャンドルナイト フォトコンテストにご応募いただきまして、
ありがとうございました。

審査の結果、255点の応募作品の中から、
ご応募いただいた作品「しずかな夜」が、
写真家の「長島有里枝賞」に選ばれました。

つきましては、募集時に告知させていただいた通り、
写真雑誌「PHaT PHOTO」へ掲載させていただく運びとなりました。
別窓 | Books | top↑
| note | NEXT
copyright © 2006 note all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。